2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国と黒パン

ミュンヘン空港です。
125.jpg
国内線でフランクフルトへ。帰路はルフトハンザドイツ航空を利用。
エールフランスのような華美な雰囲気ではありませんでしたが、やはりビールのサービスが充実していました(爆)

こちらは、ホテルでいただいた朝食のパンの一部です。
121_20111122223644.jpg
ブレートヒェン(小型パンのカイザーゼンメル)・フォルコンブロート・キュルビスケルンブロートヒェン
これに、チーズ・レバーケーゼなどをサンドしたり、クリームチーズとジャムをサンドしていただきました。
ドイツの方々は朝食はあまり召し上がらないと伺っていましたが、
地元のビジネスホテルだからか、サラリーマン風のジェントルマンは、さりげに何往復もして、朝からビュッフェを楽しんでらっしゃいました。
風習の違いですよね。
アジア人は一度に何枚ものお皿をテーブルに並べて、おなかいっぱいになったらもう動きたくない。
でも、西洋の方々は、コースの感覚が常だからか、サラリと3往復なさっていました。
そういったことも勉強になりました。

ミュンヘンのデパ地下や、ニュルンベルグのBIOのドラッグストア(チェーン店)で購入したお粉や食材の一部です。
132.jpg
これらをサワー種にしてドイツパンを焼いてみたいけれど、今しばらくはフルーツ由来の酵母でライ麦パンが限度かな…今の自分のキャパを考慮すると…(-_-メ)
でも、サワー種、憧れます♪
あの、大量の捨て種の行方が気になるメグなのです(-_-メ)
143.jpg
普段は日本のそのまんまチョコレートはあまり食べないわたしですが、こちらのものはやはり美味しい!!
パリでメゾン・ド・ショコラのチョコを食べたあのときめきとはまた違いますが、
スパイスとのハーモニーを感じます♪

こちらは、老舗チェーン店のパン屋さんで購入したフォルコンブロートです。
塩気が強いのですが、旨味が凝縮していました。
日本に持ち買って、色々な食し方で楽しみました。
130_convert_20111122224328_20111122224440.jpg
不思議とこの強い塩気に、甘いジャムも合うのです。
何かと合わせてこそ、そのもののマリアージュが楽しめるのは、日本の白ご飯と同じなのかなと思いました。
それだけだと生かされないけど、美味しい副菜やお漬物があると、何杯でも食べたくなっちゃう?ご飯。
わたしはやっぱり、ドリアやチャーハンのような味付けご飯よりも、雑穀米が好きなのです。
パンの嗜好も同じだなぁと改めて感じました。
144.jpg
かぼちゃの種が塩気を緩和してほどよいのです。
酸味は旨味でした。
142.jpg
今回、現地でプンパニッケルをいただく機会はありませんでしたが、購入してきたので、こちらもまた楽しもうと思います。
ミュンヘンの駅では、サブウェイのサンドイッチやピザを頬張りながら歩く人の多いこと!!
選ぶパンは聞いていた通り、黒パンよりも、ヴァイツンブロートやデニッシュ系がメインのようでした。
駅構内のパン屋さんの前に張り付いて、列車の出発時刻まで、観察x2の怪しいアジアの小人女子(笑)
こういった流れは、日本人の米離れと同じだと思いました。
食べ歩く文化は下品でもなんでもないようで、皆さん急ぎ足で片手にパンを持ちながら、電車に乗り込みます。
それだけ、朝食に時間をかける風習がなくなっていることが伺えます。
日本と同じですよね。
それから、ゆっくりいただくお料理に関して言えば、ポテトや副菜が多いので、パンはあえて注文しない限りでてくることはありません。
日本では、定食やランチにご飯やパンの主食がつかないなんてあり得ませんよね?!
まぁあのボーリュームですし、納得ですけどね…(@_@。

ドイツ。
ドイツパンが人々の暮らしにどんな風に結びついていて、
どんな風に暮らしに溶け込んでいるのか。
土地の習慣や文化とパン。
すこ~し、かじる程度は把握できたかなぁ~
何はともあれ、わたしは、ドイツという国が今まで行った外国の中で一番大好きです?
優しくて温かい人が多いドイツ。
寒いのが難点ですが、暮らしてみたいなぁ~と思わせてくれる国。
でも、そんなドイツも税金は19%にも上るそうで、日本の行く末だよ、とのお話も伺いました。
色々考えさせられることはありますが、世界の文化を知るって楽しい☆
そう感じずにはいられない、歩く旅となりました。
ありがとう~ドイツ~☆☆☆



帰国してすぐに、みかん酵母を起こしました。
冬の果物は遅いと聞いていましたが、4日で出来上がりました。
これからパンを仕込みます。

その間の10日で焼いたパンは、いつものコーンミール・グリッツのEnglishMuffinとスコーン。
それと↓のシンプルな一斤山食(青サフ・ヨット・水・ショートニング…)シンプルです。
久々でコツがつかめず、かま伸び不十分です(>_<)
145.jpg
それでも、久しぶりの山食、シンプルで美味しかったです。
ボンヌ・ママンのミラベルのジャムが惹き立ちました☆

また、修業に励むぞ~!!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

沢山の小麦やらチョコやら買い込みましたね!
BIOの粉からどのようなパンに変身するのでしょう♪
楽しみです!

そして私も来年はドイツパン&ドイツ菓子焼きまくる予定です!
お互い、納得のものが作れるよう、努力しましょうね。
その際には試食も宜しく~。

No title

まずはお帰りなさい!旅日記、楽しく読ませて頂きました。
憧れのパンや、すてきなお国柄に触れられた、充実の旅行だったみたいだね。
旅で刺激を受けたメグちゃんが、本場のお粉でどんなパンを焼くのか楽しみにしています!

きっとドイツ旅行で感じたことなどが、今後のメグさんのパン作りにいかされるんでしょうね。
楽しみにしています♪

レオナルドさんへ>メグより

こちらこそ、宜しくお願いします。
サワー種に関しては、全くの無知状態で、不思議がいっぱいです。
ぜひともご指導くださいませ~

きょこさんへ>メグより

ありがとうございます(*^_^*)
帰国して随分経ってから、安堵したのか風邪をひき、こじらせてました(+o+)
思いきって行って正解でした。
いましばらくは課題のパンを練習せねばならないので、今度は
ソフト系が増えそうです。

れいこさんへ>メグより

ありがとうございます(*^_^*)
いつかアルザスへも行ってみたいです。
ストラスブールにコルマール、ナンシー、憧れます♪
れいこさん、御父様に作られたケーキ、感動デス★

No title

メグちゃん、おかえりなさい。

とてもとても充実した旅行だったようですね。
本場の食や文化に触れてたくさんの刺激をもらったことでしょう。
小柄な日本人女性がパン屋さんの前で不審者でつかまらなくてよかった(笑)

買い込みのお品たちもどうK子パンに変身していくのか、楽しみにしてますね♪

No title

メグちゃん、パンを満喫する旅、楽しく読ませていただきました~♪
食べるだけではなく、お粉を入手して歩くとは!
いや、自分も絶対そういうことしますけど(笑)、
ここまできたらもう立派なパンのヘンタイです!
カイザーゼンメル大好きです。
ナショナルデパート(というパン屋)でドイツパン時々買います。
奥深いドイツパン、日本にももっと種類が増えてほしいな。

No title

黒パンのサンドウィッチ ほんとに美味しそうです☆
きゅっと詰まりつつもしっとりしたクラムを想像・・・

これからのメグさんのパンに変化があるのか 楽しみです。
シンプルな山食*^^* 久しぶりだったんですね!
カワイイ小山がいいと思います♪

ローズガーデンさんへ>メグより

>ハナさん、ただいまです(^^♪
って、随分遅くなってしまいごめんなさい。
怪しいアジアの小人女子、毎朝、同じ時間帯の同じパン屋さん数件の前で…
お店の人に覚えられたかも…
でも、そんなことどうだっていいって思えるぐらい、ドキドキな時間でした!
ドイツって、質素でいながらも、それはとても合理的で、
わたしは大好きです♪
K子ぱん、形になるかなぁ(+o+)
ガンバリマス★

maneki-basicsさんへ>メグより

ハイ、パンのヘンタイ(笑)メグです(^^♪
久々のみほさんコメントに舞い上がり気味です❤
ドイツ、質素という言葉の響きが素敵にさえ感じてしまう、
素朴で無駄のない国でした。
綺麗好きなんですって!みほさんに合ってますねー!
みほさんは、すでにヨーロッパの辺りも音楽関係で旅されていそうな雰囲気です(^^♪
カイザーゼンメル、わたしも大好きです(*^_^*)
やはり、イーストでもなんでも、バリっとした食感のゼンメルが美味しいな~
と感じました。
冬彦さんもきっと、粉を運んでくださいますよね★
ドイツパン、こんな田舎にはなかなかお目見えしませんが、
あの味を忘れず修行に励もうと思います。

kazzzさんへ>メグより

kazzzさんが仰る通り、クラムはほどよく詰まっています。
それがドイツパンなのですね。
フランスのパン・ド・カンパーニュは、酵母がレーズン種のルヴァン種だったり、
ライ麦やグラハムの比率は15%以下だろうと想像します。
やはり黒いパンは、あのサワー種なくしては成り立たないパンであることを理解しました。
色々なサワー種の作り方があるようですが、
わたしなりに解釈できたら取り組んでみようと思います。(?_?)
山食、少しのイーストで焼きました。
案外、三日たっても生地がほにゃほにゃで、そのままサンドイッチに出来て、
作った自分がびっくりです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://countrymeguchin.blog44.fc2.com/tb.php/179-a934c7f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さぁ、パンライフ再開です。 «  | BLOG TOP |  » 国境越え~ザルツブルグ~

プロフィール

メグ

Author:メグ
看護師10年間にピリオドを打ちました。新たな目標に向かって、少しずつチャレンジします!結婚3年目を迎えます。大食いの夫のため、日々5人家族並の量の食事の支度をしています(汗)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お菓子 (26)
パン (188)
お料理 (5)
その他 (16)
旅行 (15)
本 (0)
習い事 (0)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

レシピもありま~す

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。