2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パン文化博物館

こちらは、ニュルンベルグの旧市街地のマーケット。

パン屋さんです。

昔ながらのドイツパンがたっくさ~ん!



030_20111119010551.jpg

名物菓子、レープクーヘンは、老舗のシュミットというお店で購入してみましたが、

スパイスが大量に入っていて、チョコのコーティング(-_-メ)

フィリングはダイスアーモンドとプードルのコラボでわたし好み!

ドイツ菓子は、スパイスを効かせたものが多いですね…

わたしはOKなのですが、お菓子のスパイス系が苦手な旦那さんは、「せっかくのチョコもだめだ…」と食べません。



さてさて、三日目に突入!

毎日毎日「世界ふれあい街歩き」なみに歩いています。



さぁ~今日も歩くぞ~(番組のまねっこ)

ミュンヘンからICEで70分のところにあるウルムという町。

黒い森・ファンタスティック街道の東側に位置します。

今回の旅の目的でもあるこの博物館の見学。

ゆっくりと回れるよう、日曜日に設定(日曜日は通りが静かなヨーロッパ)。

ウルムの駅から徒歩7分ぐらい(短足のわたしでも・涙)

001_20111120160044.jpg

静かな住宅地の中にひっそりと佇んでいるので、ジェントルマンのカメラさんが教えてくださらなければ、

通り過ぎてしまったかもしれません。

006_20111120160044.jpg

ドイツ語表記ですし、説明の全ては理解できません(当然だ…)

011_20111120160044.jpg

でも、現在のパンに至るまでの過程や、時代時代の生活とパンとの結びつき、パンを作る道具や工程、

展示を見ているだけでも胸いっぱいになります。

023_20111120160044.jpg

受章したコンテストの勲章の展示や、毎年この町で開催されるパンのモニュメントの案内ポスターなど、

パンにまつわることだらけ。

044.jpg

展示をひとつひとつ眺めながら、想像と妄想を張り巡らせながら、人々の生活に欠かすことのできない小麦。

それぞれのストーリーの中に、必ず「パン」がある。

それだけでも行ったかいがあるというもの!

小さい3階建ての建物の中に、一体わたしはどのくらい居すわったのだろうか…

旦那さん、写真撮ってくれたあとは退屈だったろうに、、、

本当にありがとうございます。

帰りにプレッツェルのピアスを購入・話のネタと笑いのネタに!でも可愛いのですよ~♪



こんなマニアックな建物の中で、やっぱり日本に帰ったら起こしたい酵母や作ってみたいライ麦パンのこと、

この土地の麦をどんな風に使ってみようかとか、頭の中はパンだらけ。

あ~、単純に、やっぱりパンが好きなんだ、わたし。



さて、ここからは、また歩き倒すぞ~






にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

オ~、遂にニュルンベルグへ突入ですね♪

そうなんですよね、ドイツ菓子はスパイスがキツメだから
日本人には馴染が薄い味。
でもドイツに行ったならレープクーヘン試さなきゃ!

以前、パン職人専門誌でドイツパン巡りの旅みたいなのを募集してて
私も凄く惹かれたのですが、流石に素人の私が参加する事は憚られ・・・。(涙)
メグちゃんのドイツ旅行で、今回は私も擬似旅行を楽しませてもらいま~す!

それにしてもご主人、お優しい~。

No title

今頃ですが・・・おかえりなさいv-222
ようやくパソコンに向かえたので・・・。

とても充実している旅日記、メグちゃんの興奮が伝わります。
私も楽しませてもらってます♪
パンの博物館だなんてそれはそれはいい場所を見てこられましたねv-238

ドイツといえば音楽もやはり有名どころなので私はニュルンベルグと聞くと劇場が気になって仕方ありません(笑)
一度はドイツでオーケストラの演奏を聴きたいなぁと思っているのですが、パンも楽しめるので本当に夫の定年後には長期旅行に行きたいなぁ(どんだけ先の話なのか)

それにしても旦那様、本当にお優しいですね♪

No title

充実したご旅行だったのですねー
blogにて外国の風景、楽しませていただいています♪

「MUSEUM DER BROTKULTUR」素敵ですねー
ドイツのパンは想像の中 メグさんは再現されるのかしら 期待です^^

レオナルドさんへ>メグより

レオナルドさん、あんな甘いお菓子も召し上がるのですね?!
ローテンブルグの名物菓子・シュネバーバルも試したかったのですが、
ニュルンベルグで売っていても、なんせデカイ(+o+)
日本人の一食分以上のボリュームでおののきました(+o+)
ニュルンベルグは2日目のブログでアップしていますが、徒歩で十分見学できちゃいました。
あの煉瓦色の街並みはずっと印象に残ると思います。
なんせ、ビアレストランでの合席が楽しかったです。
旦那さんには感謝の気持ちでいっぱいです(本当は彼はバリの某・有名人に会いに行きたかったらしいので…)

ローズガーデンさんへ>メグより

最近のハナさん、パンLessonや催しでお忙しそうですね!!
そうそう、ニュルンベルグといえばワーグナーの歌劇場で有名みたいですね。
さずがハナさん、わたしはちんぷんかんぷんで(>_<)
ハナさんなら、ドイツ~オーストリアなら音楽ももうひとつの趣味も、
両方楽しめるから、ぜひx2、ご主人との楽しみに~❤
ぼっちゃまが大きくなったらプレゼントしてくれたりして(^^♪
博物館、興奮しました。
英語のイヤホンガイドもありましたが、スピードリスニングはできまへん、、、
ゆえに諦めましたが、感動の嵐でした~

cookieさんへ>メグより

ありがとうございます(*^_^*)
パンを味わいに行ったのは趣味を深めるためですが、
街並みや文化、わたしはドイツ人の感性や、パンと暮らしに大変な興味がありまして(--〆)
行ってみて大正解でした(*^_^*)
いつもは何らかの形でツアーなどをくっつけるのですが、
全くもって自分たちで行動するのは初めてでしたので、
そういったことも勉強になりました。
今は、パンの課題があるので、すぐにドイツパンにばかり没頭できませんが、
自分の舌にはマッチングでした(笑)
帰りの飛行機から読書熱に見舞われています。

No title

土地そのものや、文化ごと心寄せるものがあること
文章から、伝わってきました(*^_^*)
行って大正解とのこと、行動力に感服☆です

帰国後もお忙しいようですが、
お時間できました時は、どうぞきりしま読書会へいらして
ぜひ熱い想いをお分け下さいませ^^

素敵なご旅行レポート、ありがとうございます

cookie さんへ>メグより

cookie さん、思い切ってみて大成功でした。
語学力が不十分であることが悔やまれます(涙)
でも、この経験を生かせる日がくることを願って、
また新たな気持ちでパン焼きします!!
読書会にもぜひ参加させてくださいね~♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://countrymeguchin.blog44.fc2.com/tb.php/176-5313947f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウルムの街~ロマンティック街道最終地点へ «  | BLOG TOP |  » ドイツ黒パンの旅 2日目

プロフィール

メグ

Author:メグ
看護師10年間にピリオドを打ちました。新たな目標に向かって、少しずつチャレンジします!結婚3年目を迎えます。大食いの夫のため、日々5人家族並の量の食事の支度をしています(汗)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お菓子 (26)
パン (188)
お料理 (5)
その他 (16)
旅行 (15)
本 (0)
習い事 (0)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

レシピもありま~す

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。